私が風俗嬢になったきっかけは、学費を稼ぎたかったからです。

私が風俗嬢だと言うことは、友達には誰にも言ってません。
私は普段は普通の大学生です。
ある国立大学の建築学部の生徒です。
私の夢は、小さなときから建築家です。
ずっとずっと同じ夢を追い続けてきました。
しかしいろいろな家庭の事情で、自分で学費を出さなければならない状況です。
頑張ってなんとか、国立大学に入学しましたがそれでも学費、生活費と毎月の出費は相当なものです。
本当は普通のバイトをした方が、いいのはわかっています。
しかしたくさん勉強するためには、たくさんの時間が必要です。
効率よくお金を稼ぐには、風俗嬢が一番手っ取り早いと思いました。
最初はとても緊張しましたが、最近では少し慣れてきました。
時々とてもいい客さんもいます。
こんなに素敵な人でも風俗に来るのだと、驚いたこともたくさんあります。
こんな人が彼氏だったらいいなぁと思うくらい、優しい人に出会うと何だか自分のしていることがとても空しくなってしまいます。
私はもう普通の幸せは手に入れることはできないのかな、と思ってしまいます。
だから仕事中はできるだけ、感情を持たない様にしています。
そうしないと、自分が壊れてしまいそうになります。
とにかく夢を叶えるために、なんとか毎日頑張っています。
最近ほんの少しですが、この仕事にやりがいを感じる出来事がありました。
それは少し体の不自由な方がお客様に来られた時のことです。
帰り際にとても素敵な笑顔で、私の手をギュッと握りしめて「本当にありがとう。」と言ってもらえた時です。
その手がものすごく温かくて私は思わず涙が出てしまいました。
私はあと2年で、この仕事をやめると決めています。
自分の心をしっかり持って、頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です